よっそー@のブログ

バイナリーオプションについて日々の取引情報を更新していきます( ´ ▽ ` )

んで、裁量ってなに?

投資の勉強やデモは何のためにしてますか?

 

サブタイトルはwww

〜不安要素を取り除こう〜

 

みなさんは投資で稼ぐために日々様々な勉強やデモを繰り返していると思います( ̄∇ ̄)

 

それが果たして結果に反映されているのか、ちょっと振り返って見てください。

 

デモはリアルと同じ感覚、同じ投資額で行っていますか?

得た知識を駆使して、根拠のあるエントリーをしていますか?

デモトレを振り返り、勝った要因・負けた要因を分析できてますか?

さらに、あくまでも、デモはデモ。リアルの場合はデモの通りに行かないことを念頭に入れて

トレードしていますか?

 

今日はスポーツに例えて、投資でみんながやってしまいがちな「マズイ準備」について書いていきます٩(^‿^)۶

 

1.インジケータを色々出せるようになっただけで、読み取りが完璧でなかったり、意味を勘違いして覚えているのに、できるようになったと勘違いしている。

 

2.ツールやロジックを買って知識がないままシグナル通りにただエントリーしている。

 

3.デモだからと「大きい額をかけてたくさん増やす方が面白い」とか「負けても大丈夫だからとりあえずエントリーしてみよう」と、大きい額をかけたり、考えのないエントリーをする。

 

これらは皆さんの中にも心当たりがあるのではないでしょうか?

典型的な「マズイ準備」の代表例です。

やらない方がまだマシなくらいですwww

 

「練習とは不安要素の除去作業である。不安要素を練習の中で一つ一つ取り除いてやれば、それが根拠となる。」

 

「根拠を身につけて戦って初めて、勝因・敗因を正しく分析できる。」

 

「根拠のない状態での敗戦からは根拠ある反省は得られないし、根拠のない状態での勝利からは自信は得られない。」

 

これは当時発足したばかりのチームを率い、後にプロ野球のトップクラスの選手を数々育て上げ、全国大会の常連となった某社会人野球部監督の「練習とは?」という問いに対する答えです!

 

「なんで練習するの?」と聞かれたら、普通の人は「勝つため」「上手くなるため」と答えるでしょう。

 

皆さんも投資の勉強をするのは「勝ちたいから」ですよね?

 

ただ、それだと漠然としすぎているんですよ。

じゃあ、どーやったら勝てるの?ってこと!

 

この監督は「試合本番で負ける要素(勝利を目指す上で邪魔になる要素)を洗い出して、0に近付けることで勝つ確率を高める」ことを目的として練習をさせていたんですね( ̄∇ ̄)

かっちょえーw

 

 

本番のために、実際に試合で起こり得る状況を想定して、それに対応できる戦術を考え、実行できる選手を育てあげたからこそ、多くの勝利を収め、負けた場合でも正しく敗因分析をして、次に繋げられたのですね^_^

 

投資の話でいうと、

「ただデモで遊ぶ」

「さらっとインジケータを覚える」

「ツール任せ」

ではなく、

「リアルトレードを意識してデモを行う」

「リアルトレードもデモも勘ではなく知識に基づく判断で行う」

 

要は「練習のための練習」でなく「試合の為の練習」をしましょうということ^ ^

 

その上で、「あくまでも練習は練習。本番は予想外の事が起こり得る。」と、不測の事態でも動じない心の準備をして臨む事で、より確実な勝利が見えて来るのです( ̄∇ ̄)

 

皆さんも一度、リアルトレードで負けてしまう要素を洗い出してみて、それを一つ一つ取り除いていきましょう。負ける要素が0に近づくだけ勝利も近づいて来ますよ!

 

 

”トレードの勉強・デモとは、不安要素の除去作業である”

”不安要素が取り除かれない勉強・デモはただの時間の浪費である”

”勉強したつもりの状態が一番危険である”